軽トラからスーパースポーツカーまで、自動車ならなんでも大好きな自動車ライターの元塚です。

軽No.1のスズキから2013年2月から販売が開始されたスーパーハイトワゴン、それがスズキスペーシアです。

このクラスには元祖であるダイハツタント、ベストセラーのホンダN-BOX、日産と三菱の共同開発である日産デイズルークス/eKスペースといった強力なライバル車が存在する激戦区で、ユーザーの見る目もかなりシビアになっています。

そんなスペーシアの評価について口コミやインプレから探っていきます。

【スペーシア:口コミでの評判は?】

燃費が良い!ワゴンRからの乗り換えだけど、そん色ないか、むしろ良いぐらい。

・特に運転席まわり収納が豊富で便利。

・ターボ無しなので期待していなかったけど思ったより力不足は感じない

・性能が気に入ってカスタムを購入したがちょっと見た目は他社のカスタムに比べ地味かも。後からカスタムZが出たのが悔しい。知っていたらそちらの方を購入したのに。

・乗り心地はちょっと硬めだけれど悪くない。ただし大きな段差で結構はねるので長距離運転だときついかも

 

【スペーシア:インプレでの評判は?】

webなどでインプレの感想を拾ってみました。

・ドアハンドルを引っぱらなくてもスイッチを押すだけで開閉可能なスライドドアは便利

・後席の格納は軽くて特段力もいらず2アクションで完了するなど非力な女性でも使いやすい

・ライバル車に比べて地味なイメージだが、走りの面ではライバルを上回っている。特にターボなしではそれが顕著

・安全装備が割安で全車に装着できるのがポイント。万が一を考えれば標準装備にしても良いぐらいだ。

 

【スペーシア:好評の理由は?】

スペーシアで特に評価が高いのが使い勝手の良さでした。

特にカタログではわかりづらい、購入して使ってみて実感できる点が多いことが購入後の好評価につながっています。

ダイハツタントのミラクルオープンドアやホンダN-BOXの圧倒的な室内空間の広さなど、わかりやすい請求ポイントがないことが地味なイメージにつながっているのですが、女性目線に立った数々の機能が評価を押し上げているのでしょう。

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

販売台数ではタントとN-BOXにリードを許していますが、実際に購入して使ってみるとじわじわと良さが理解できるというのがスペーシアのキャラクターのようです。

今後、ワゴンRに採用されたマイルドハイブリッド仕様などが追加されれば販売台数もまだまだ伸びる余地はあるのではないでしょうか。

10年前に買ったプリウスが私の家族の窮地を救ってくれた?!





妻のために10年前購入したプリウス。

妻は買い物の時にのるといっていたのですが、いざ購入してみると・・・全く乗らない(^^;

ずっと車庫に眠っていました。

たまに私が妻の代わりにプリウスを走らせてコンビニに買い物にいくという程度。

そして10年が経過・・・

小さかった娘が大学受験を受けることに。

国立にしてくれ~!といいましたが、国立は落ちた(^^;

で私立には受かったのですが、その授業料が年間120万!!

勘弁して!!!

そのとき妻が提案。

「私のプリウス売っちゃったら?」

お~!

でも10年前の車なので、正直10万円いったらいいほうかな~と思っていました。

そしてネットで査定してみると、なんと!

103万円!!!( ゚Д゚)

10万3000円じゃないですよ!(笑)

速攻で売り払い、娘が大学に無事入学できました(ホッ)

結構買い取り業者によっては買い取り額が大きく変わってくるらしいです。

⇒ちなみに私が査定したサイトはこちら

1秒で査定結果が出たのには驚きました(^^;